花粉症のロジックとその症状

花粉症の症状について

花粉を外敵として攻撃してしまう免疫機能

人間のからだは、外部から体内に侵入してくる異物(抗原・アレルゲン)に対して免疫物質という抗体をつくるしくみがあります。

 

一度抗体ができると、再び同じ異物が入ってきても免疫機能がはたらき、からだを守ることができます。

 

しかし、同じ異物が何度も進入し、退治することをくり返している間に、

異物に対して免疫機能が過剰に反応するようになり、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどを引き起こします。

 

くしゃみする女性

 

こうしてアレルギー反応が起きるのです。

 

IgE抗体の蓄積によって発症

花粉症の場合、人のからだは花粉という抗原に対し、IgE抗体というタンパク質をつくって反応します。

 

この抗体は誰もが同じだけつくられるわけではなく、体質によって生成される量が左右されます。
IgE抗体ができやすい人はアレルギー体質だと考えていいでしょう。

 

IgE抗体は花粉に接するたびに生成されて、体内にどんどん蓄積されていきます。

これが一定の量を超えると、アレルギーを引き起こして花粉症になるのです。

 

花粉症に悩まされていないという人でも、体の中ではIgE抗体がたまっている花粉症予備軍状態になっている可能性があるのです。
※アレルギーを起こしやすい体質というのもありますが、去年は大丈夫でも、今年になって花粉症になった・・ということはありえるのです。

 

IgE抗体は花粉症だけでなくアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などとも深く関わっているのでご用心。

 

花粉症になりやすい体質とは

両親や家族に花粉症やアレルギー体質の人がいる
子どものころ食物アレルギーがあった
からだの中に悪い脂(飽和脂肪酸)が多い
からだのサビである活性酸素をとりのぞくSOD酵素の量が少ない
乳酸菌などの善玉菌が少なく、腸内環境が悪い
自律神経が乱れやすい
体内でIgE抗体をつくりやすい
免疫力が低い

 

人気ページはこちら

花粉症対策についてはこちら
花粉症の治療や薬って?




花粉症のつらい症状

くしゃみ
鼻水
鼻づまり
目のかゆみ

1日5回くらいのくしゃみや鼻水なら軽度ですが、1日に20回以上もくしゃみや鼻をかんだり、鼻で息ができなくて口呼吸になっていたらかなりの重症です。

 

花粉症による症状は季節性アレルギー症状と呼ばれます。

アレルギー性鼻炎 くしゃみ・鼻水・鼻づまり
アレルギー性結膜炎 眼の痒み・充血

花粉症の症状について説明します

 

 

一般的な花粉症の症状の他にも、喘息や気管支炎、頭痛や消化器系の症状が出ることがあります。

 

肌の弱い人は目の周りや首筋などに皮膚炎を起こす場合も。

 

睡眠不足や集中力の欠如、イライラ感、食欲不振などの症状を感じる人も多く、日常生活に支障をきたしている人も少なくありません。


 

 

花粉が引き起こすアレルギー症状について

アレルギー症状は寝覚めが強く出る

花粉症患者の中には、特に朝起きたときに強い症状が出るという人がいます。

 

これは「モーニングアタック」と呼ばれる症状で、寝ている間に吸い込んだ花粉が寝覚めとともに症状を引き起こしたり、自律神経の切り替えがスムーズにいかないために起きると言われています。

 

副交感神経が優位にはたらくリラックス時や就寝時に症状が出やすいそうです。

 

怖いアナフィラキシーショック

 

花粉症でもまれに「アナフィラキシーショック」が起きることがあります。
アナフィラキシーとは、毒や植物、薬物などが原因で起きる急性アレルギー反応のひとつです。
花粉症の症状とメカニズム
じんましんや皮膚の赤みなどの皮膚症状が中心ですが、ときに呼吸困難や意識障害を伴うことがあります。
重症になると血液の循環に異常をきたし、危険なショック状態におちいってしまいます。

 

これをアナフィラキシーショックといいます。