花粉症だと感じたらすぐに花粉症対策を

花粉症対策について

自分で出来る、簡単花粉症対策

花粉症っぽいマスクをかけたコートを着た女性

 

外出時は、花粉がつきにくい素材の衣服を選ぶようにしましょう

外に出れば、花粉が付着するのは仕方のないことです。
マスクとメガネに加えてなるべく上着にサラサラとした花粉が付着しにくく、付着しても簡単に払い落せそうなものを着るようにしましょう。

 

 

玄関に入る前に、一度花粉を落としてから入りましょう

花粉を家に持ち込まないことが一番大切です。
玄関に入る前に体についた花粉を落とすつもりで、手で全体を「パンパン」と払うだけでも、全然違います。

 

出来れば、払った花粉がドアを開けた時に中に入らないように、少し離れた場所で払った方がいいでしょう。




空気清浄機を設置し、フィルターはマメに掃除しましょう

花粉を除去できる空気清浄機を選びましょう。

 

また、空気清浄機のフィルターは予想以上にすぐに埃がたまるものです。

 

せっかく空気清浄機を付けていても、フィルターが埃で一杯では意味がありません。
定期的にキチンと掃除をして、効果的に空気清浄機を使いましょう。

 

 

睡眠をしっかり取りましょう

自分でできる花粉症対策
人間は多少の疲れは、食事と睡眠で回復できます。
そして、皮膚や粘膜等は寝ている間に、修復をしているのです。

 

どんなに栄養をとって花粉対策をしていても、睡眠が不足していては、粘膜が弱ったままの状態になっています。
睡眠をしっかり取って、免疫力を高めることが大切です。

 

最近は、季節を問わず花粉症で悩む人が増えてきてますね。

 

これは睡眠不足や不規則な生活で免疫力が落ちてきているというのも1つの原因なのではないかと思います。

 

夜型の生活やファーストフード等の生活を改めることでも、体調は変わってくるのではないでしょうか。
花粉症は、体が疲れている合図かもしれません。
体のSOSを見逃さず、健康的な生活を送るように心がけたいですね。

 

 

くしゃみと鼻水・鼻づまりは風邪?花粉症?

花粉症
季節の変わり目、段々と冬に近づいてくると、体調を壊し易くなります。
皆さんの周りでも、マスクを着けてる人をよく見かけませんか?

 

この時期、段々と寒くなってくるから「風邪かしら?」と思いがちですが、でも、そのくしゃみや、鼻水は本当は風邪ではなく、アレルギーかもしれません。
市販のお薬を購入する場合、「どちらかしら?」と思うなら、あなたの症状が下のチェック項目に当てはまらないか、一度チェックしてみましょう。

 

 

チェックくしゃみや鼻水、鼻詰まりで頭が痛いが、喉は痛くない
チェック寒気や熱はない
チェック天気の良い日の方が症状が酷い
チェック屋外または窓を開けてたり、場所によって症状が酷くなる
チェック何日経っても鼻水の色が変わらない(黄色っぽくならない)

 

上記の項目に1つでもチェックがつく場合は、花粉症を疑ってもいいでしょう。

 

確かに、夏場の疲れと温度変化で体調を崩し易くなる時期でもあります。
でも、繰り返す症状に悩むようであれば、一度耳鼻科で検査することをお薦めします。

 

人気ページはこちら

花粉症対策についてはこちら
花粉症の治療や薬って?