花粉症の原因になる植物について

花粉症になる原因植物について

実は花粉症は春だけとは限らない

ブタクサ

花粉症になる原因植物といえばスギが定番なので春(2月から4月)にかけて徐々にその症状があらわれます。

 

しかし、実は似たような時期にヒノキの花粉(3月から5月)も飛散しています。

 

スギ花粉症の約7割がヒノキ花粉にも反応すると言われており、5〜6月頃まで症状が長引く人や、シーズンの終わりになって重症化する人も多いです。

 

 

また、夏から秋にかけて花粉症の症状が出る人もいます。これは「草本花粉」と呼ばれるイネ科やキク科、ブタクサ属などの雑草の花粉に反応していると考えられます。

 

ただ、スギやヒノキが風に乗って数10km近く飛散するのに対し、イネ科・キク科の花粉は背丈が低いため数10cmの範囲にしか広がらないのも特徴です。

 

このように「花粉症のシーズンは春」というイメージがありますが、実は冬以外は常に花粉症の原因物質が飛び交っているのです。




【春から夏にかけての花粉症】

スギ(2月〜4月)/北海道をのぞく全国
ヒノキ(3月〜5月)/関東以南
ネズ(4月〜5月)/北海道をのぞく全国
シラカバ(4月〜5月)/関東以北
ハンノキ(1月〜6月)/全国
コナラ(4月〜5月)/全国
リンゴ(4月〜5月)/おもに東北
カモガヤ(4月〜7月)/全国
オオアワガエリ(4月〜7月)/全国
ハルガヤ(4月〜7月)/全国
ホソムギ(4月〜7月)/全国
スズメノカタビラ(3月〜5月)/全国
スズメノテッポウ(3月〜5月)/全国

 

【夏から秋にかけての花粉症】

ヒメスイバ(5月〜6月)/全国
ギシギシ(5月〜8月)/全国
ヨモギ(8月〜9月)/全国
ブタクサ(8月〜10月)/全国
オオブタクサ(8月〜10月)/北海道をのぞく全国
カナムグラ(8月〜10月)/全国
セイタカアワダチソウ(10〜11月)/全国

 

こんな原因もあるよ!

花粉症の人は果物にも要注意
花粉症の原因は植物
ヒノキ、シラカバなどのカバノキ科の花粉症の人は、
果物で口腔アレルギー反応を起こすことがあります。

代表的なものにリンゴ、モモ、サクランボ、キウイ

などがあげられます。

 

これは、果物のタンパク質とカバノキ科の花粉のタンパク質がよく似ているためにからだが反応すると考えられており、特に生で食べたときに症状が出やすいといわれています。

人気ページはこちら

花粉症対策についてはこちら
花粉症の治療や薬って?