私達が食べてきたもの アレルギーの知恵

私たちは何を食べてきたか

みなさんは毎日の朝はご飯派ですか?それとも、パン派ですか?

 

私達が食べてきたもの アレルギーの知恵私達が食べてきたもの アレルギーの知恵

 

私の家族はそれぞれ、毎日違うので用意するのは自分でしてもらってます。

 

朝、ご飯だという方はたぶんお供にするのは味噌汁つけものお茶・・・

 

うちはパンです、という方は、目玉焼き、ベーコン、ジャムサラダ、コーヒーと喫茶店でのモーニングを思い出しています。朝食の主食の違いで、こんなに違うほど食生活の変化、戦後の食文化が欧米化しているっていうことを物語っているようですよね。

 

 

日本でアレルギーと食物の関係に訴えられていた人の中にある大学教授がいらっしゃり50年ほど前からこのことの注意を促して、また、学会などでも初めて発表されたという方がいらっしゃいました。1971年に発表されたそうですが、そのころにはまだ誰も聞く耳をかすひともいなかったのであいてにされていなっかたそうです。

 

今は多くの医師がアレルギーと食物の因果関係を認め、専門の病院、小児科では検査で植物の何に反応するかもわかるようになってきていますね。




昔、人は火を使って、農業をし、牧畜をするようになり、人口はどんどん増えていきました。やむを得ず、暖かい場所を探し移動し、本来の生息地から遠く離れた北方にまで住み着くようになりました。

 

ヨーロッパなどユーラシア大陸の北部や北アメリカへとテリトリーを拡大していったそうです。食事はというと穀物だけでは補えず肉を食べるようになり、家畜の乳も取らざるを得なくなるという事態になっていきました。
これは、欧米の昔から食の変化です。

 

 

それでは、日本はどうでしょう

穀類、野菜が主体となっていました。五穀豊穣と言われます様に、コメ、麦、冷え、クリ、きび、とまめなどを主体として、動物性のタンパク質というと海や川に住んでいる魚介類とその干し物がほとんどで、獣、鶏肉、昆虫類とつづくようです。

 

日本はヨーロッパなどに比べ、温帯とはいえ夏は高温多湿になるエリアなので、すばらしい自然に恵まれたおかげで沢山の食物の実りが豊かだったんでしょうね。

 

 

私達が食べてきたもの アレルギーの知恵私達が食べてきたもの アレルギーの知恵私達が食べてきたもの アレルギーの知恵

 

日本ってすてきですね。
四季もあり、変化がある。だから、これらを食べていれば、まずは私たちの体も健康でアレルギーなどとも無縁でいられそうですよね。

 

あっ、そうそう人間の体は住んでる土地によっても違うんですって。どういうところかというと、例えば日本人の腸の長さは欧米人と比べると長−いそうです。それによって消化の仕方も違うそうです。

人気ページはこちら

花粉症対策についてはこちら
花粉症の治療や薬って?

私達が食べてきたもの アレルギーの知恵関連ページ

アトピーとは何でしょうか
アトピーってよく耳にしますが、昔はこんな病気知りませんでした。そもそも何が原因かわかる方いらっしゃいましたらおしえてほしいです。
いろいろなアレルギー
アレルギーを持つ患者は年々増加傾向にあります。厚生労働省がまとめたデータです。
急激な変化は大変
食べ物によって引き起こされるアレルギー
アレルギーによい伝統的な食べ物
アレルギーには伝統的な食べ物をどうぞ
アレルギーによい伝統的な食べ物2
夏の食材を使ったお料理
アレルギーによい伝統的な食べ物3 
秋の食材を使ったお料理